2009年2月20日金曜日

朝里峠→豊平峡の写真

銭函から朝里峠へ向かう途中?

いや,自分が先頭を走ったのは朝里温泉の先だったような・・

とにかく

調子こいて先頭を走ったのが後にひびくといういつもの展開を誰もが予想できる展開ですね.
ねぇ,社長.


置いて行かれるぅ~ってのがよくわかる写真ですね.
林さんが遠くなっていくぅ.

でも,がんばれない~.

今回は最初からそんな気がしてたんだよねっと,心の中で言い訳しながら走ってるんですよ.
こうやって背後からチームカーのあおりを感じつつ走るのは精神的にきついです.



「地吹雪の中を颯爽と上ってくるところ」のはずだったけど,吹雪がやんでよろよろしているだけの写真.
陸橋だから頂上は近いはず!
チームカーのあおりがなくなっているので,実は心理的には楽になっている.

意外と自動車にクラクションならされたりしなかったですね.


頂上で待っていてくれた林さんと下りに下る.
これがまた長くて大変.

林さんのはね上げる泥を顔面に受けつつ.
口にも入った.






豊平峡に到着.

皆さん,意外に元気ですね.








ひげじゃありませんよ.
顔面は泥と鼻水でえらいことに.

温泉の人に断られないようにふいてから行きました.

4 件のコメント:

すづっき さんのコメント...

イイ感じのマゾ企画…最高に楽しそうです。
チームカー付きなのが羨ましいっすね。

いのみちち さんのコメント...

すづっきさん
私にはもてあまし気味の盛り沢山な企画でしたね.体力的・精神的ダメージがでかくてこの後3日間くらい自転車に乗れませんでした.チームカーが背後にてディーゼルエンジン音をうならせるのもとてもマゾです.

naranja さんのコメント...

朝里峠→豊平峡って。。
全然頭の中でつながらないんですが@@
通行止めにはならなかったのでしょうか??
しかも自転車で・・・

あの美味しそうなビールの陰には
こんなハードなルートが隠れていたんですね!!

いのみちち さんのコメント...

naranjaさん,いつもありがとうございます.
朝里峠~定山渓は国際スキー場へ札幌および小樽から向かう道路なので冬でも大丈夫です.このルートは札幌・小樽のロード乗りなら避けては通れない登竜門です.ぜひシーズンがきたら挑戦してみて下さい.という私も札幌側からと小樽側から1回ずつしか登ってませんが.