2008年9月17日水曜日

ツール・ド・北海道 第6ステージ モエレ沼公園

今年のクリテリウムは,とっても面白かった!
消化試合になるかと思いきや,数秒差でトップの梅丹GDR・宮澤選手が,優勝へ向かってホットスポットの度に,ゴール前で迫力のスプリント&新城・清水の強力すぎる逃げ!
最後は,アイサン・西谷選手のスプリントも間近で見ることができました.
やっぱり日本人選手の優勝や活躍は盛り上がる.
オランダチームが,自分と同じFocusに乗っていて,それはそれでがんばって欲しい気持ちもありましたが.
とにかく,今年のクリテリウムは見ることができて良かったです.

この二人の豪華な逃げは,誰も追いつけないんじゃないかと思ってしまいました.

新城選手の両親も会場にいらっしゃって,お話させてもらいました.
なんと,新城選手のお母さんは,私がスタッフで参加したことを憶えていてくれました.お父さんは,初めての北海道だったそうです.




間近で見る宮澤選手のスプリント.
しびれっぱなしでした.

今までださいと思っていた緑のリーダージャージが,今日はとてもさわやかに,速く見えます.




これまた大迫力の三船選手・鈴木真理選手を含んだ集団スプリント.

マトリックスパワータグチームは,三船選手を引き上げるために,力を使い果たしていたのが印象的でした.







黒のジャージがかっこよいNIPPO ENDEKAチーム.
写真の佐野選手は,お話してみるととても優しい感じの好青年でした.
彼のみ,黒いコルナゴ(他の選手は白)でした.2009モデル?
メカニックの方によると,ものすごい剛性のバイクだそうです.

NIPPO ENDEKAといえば井上和郎選手!
今年の世界選手権出場です.なんというか,顔つきがいいんですよ.
親しみやすい感じで,とても丁寧にお話してもらいました.
名前も同じだし,井上選手のファンになりました,私.
がんばって欲しいものです.


プロのレース後は,お楽しみのサインおねだりタイム.
まずは,優勝で盛り上がっている梅丹GDRブースへ.
子供をだしに,サインを集めました.

清水都貴選手.






新城選手.
今年も,自ら進んでポストカードを配ってました.

ヨーロッパの1クラスでステージ優勝するくらいすごい選手なのに,昨年とちっとも態度が変わらないです.








ロードバイクでのウイリーを披露してくれた,全日本チャンピオン・野寺選手と.

サインには「自転車マン参上!」と書いてくれました.


スキルシマノでは飯野選手とお話しました.電動デュラエースについても教えてくれましたよ.



このほか,BS アンカーでは飯島選手にボトルをもらい,漫画のバイキングスの巻末にサインをもらいました.福田真平選手にはお疲れのところ,色々お話してもらいました.

昨年に比べ,顔と名前が一致する選手が増えて,今年はより一層楽しかったです.こんなに良い選手たちががんばっている日本のレースをもっと盛り上げたいですね.

1 件のコメント:

toshikazu さんのコメント...

モエレ沼ではありがとうございました。

いつの日かあなたが駆るFocusの後ろを自転車で追いかけられるよう、日々精進していく所存です。